基本情報

その他の”S”分野のフェローシップについて

S.L.A.A.は「セックスや恋愛/愛情の依存症者」の相互支援に取り組む自助グループとして、1976年に結成された、いわゆる”S”分野で最も古い12ステップフェローシップです。S.L.A.A.では、メンバーが避けるべき性的行動は、各自で「ボトムライン行動(例えば、不倫などの「多大な損害を与える行動」など)」として定義されます。

S.L.A.A.には「ボトムライン行動がどう決定されるべきか」という一律のガイドラインはなく、その行為の発生または再発の速度、頻度、期間をコントロールできなくなり、その結果が「自分と他人の精神的、心理的、身体的、感情的、道徳的破壊」につながっていくことを防ぐために、それぞれのメンバーごとに設定されるという特徴があります。

なお、性的行動について扱う12ステップグループは、S.L.A.A.の他にもいくつかありますので、代表的なものをその特徴とともに以下に紹介しておきます。なお、紹介文は当グループのメンバー個人の見解であり、S.L.A.A.の公式見解ではありません。

(なお、S.L.A.A.はこれらの団体についての支持や推薦はしていません。以下で紹介するウェブサイトサイトは、セックスや恋愛および人間関係への依存症を扱う他の「12のステップ」と「12の伝統」に基づく依存症からの回復を目指すグループについて学ぶ機会を、個人に提供するためにのみ示されているものです。)

1:セックス・アディクツ・アノニマス(SAA/1977-)
国際サイト:https://saa-recovery.org
日本サイト:なし

セックス・アディクツ・アノニマス(SAA)は、1977年に、S.L.A.A.から分かれた避けるべき性的行動や匿名性について、より厳格に考えようとするフェローシップです。SAAは性的行為について、相対的な深刻度によって3つ(どんな状況でも決して行ってはならない行動、懸念すべき行動、健全な行動)に分ける「3サークルアプローチ」を取っています。SAAにおいても、避けるべき行動はメンバー個人が定義します。

2:セクシュアル・コンパルシブズ・アノニマス (SCA/1982-)
国際サイト:https://sca-recovery.org/
日本サイト:https://www.sca-japan.org/

セクシュアル・コンパルシブズ・アノニマス(SCA)は、他グループが異性愛者を中心としていることから、LGBTQコミュニティのメンバーのために設立されたフェローシップです。しかし、SCAは異性愛者のメンバーに対してもオープンです。

SCAも「ある性的行為が破壊的かどうかをメンバーそれぞれが決める」ことを前提に、性的行動を「ソブラエティ(破壊的行動)」「ハイリスク(再発につながる可能性)」「回復(健康的かつ持続可能)」に分けて対処していきます。

3:セクサホリック・アノニマス(SA/1979-)
国際サイト:https://www.sa.org
日本サイト:http://www.sa-japan.org/index.html

S.L.A.A.から分かれたセクサホリック・アノニマス(SA)は、問題を「セックス依存症」ではなく「渇望(Lust)」と定義しています。SAのソブラエティの定義は、他のグループと比較して非常に厳格で「法的な配偶者以外の人といかなる形のセックスもしないこと(マスターベーションも含む)」を意味しています。この「配偶者」という言葉は「男女の結婚におけるパートナー」のみを指し、同性婚を認めていません。(ただしSAは、LGBTQのメンバーを差別しているわけではなく、仲間として受け入れています。)

4:セクシュアル・リカバリー・アノニマス (SRA/1993-)
国際サイト:https://sexualrecovery.org
日本サイト:なし

SAからさらに分かれたセクシュアル・リカバリー・アノニマス (SRA)は、「異性の配偶者とのセックスしか認めない」というSAのソブラエティの定義に反対して生まれたグループです。SAのメンバーの大半が白人男性であるのに対し、SRAは女性や有色人種を歓迎する場を提供することを目指しています。

SA(やSRA)が目指すソブラエティは、「性的行動は人生の健全な一部である」と信じるSLAAやSRA、SCAにおいては「性的拒食症(アノレクシア)」として機能不全の一形態とされています。よって、この点に関しては、SAとこれらのグループとの間には考え方の違いがあると言えます。

また、SA(やSRA)がフェローシップのメンバーの「ソブラエティの定義を統一している」点も、「ある性的行為が破壊的かどうかをメンバーそれぞれが決める」SLAA、SRA、SCAとはアプローチが異なると言えます。

自己診断のための40の質問前のページ

メディアに対応するための12の推奨ガイドライン次のページ

ピックアップ記事

  1. その他の”S”分野のフェローシップについて
  2. セックスと恋愛/愛情依存症の特徴
  3. S.L.A.A.前文
  4. S.L.A.A. 回復の兆候
  5. 8つのコア・ドキュメント

関連記事

  1. 基本情報

    献金について

    12ステップグループで、時々質問が出ることの一つに「献金」のことがあ…

  2. 基本情報

    ミーティング情報(2023.3更新)

    概要S.L.A.A.-Japan オオルリグループでは…

  3. 基本情報

    このグループについて

    このグループは、2021年7月に活動を開始しました。元々は他…

  4. 基本情報

    12ステップワークブック

    オオルリグループでは、メンバーの回復に向けた取り組みとしてS.L.A…

  5. 基本情報

    お問い合わせ

    当グループへのお問い合わせは、以下のフォームをご利用ください。…

  6. 基本情報

    S.L.A.A.について

    セックス・アンド・ラブ・アディクツ・アノニマス(S.L.A.A.)は…

最近の記事

  1. 基本情報

    その他の”S”分野のフェローシップについて
  2. 依存症

    自己診断のための40の質問
  3. 基本情報

    一体性の12伝統
  4. 8コアドキュメント

    8つのコア・ドキュメント
  5. 基本情報

    S.L.A.A.について
PAGE TOP